四万温泉エール

今年はシンキチ醸造所さんに刺激をもらって、
期間限定の新製品を発売したり、
通販免許がおりて販路拡大の可能性が増えたり、
順風満帆かと思っていたところ、
一転、最大の危機を迎えています。

なんと原料がなくなるかもしれません。
ちょっと特殊な原料を使っていたのですが、
それの輸入元がトラブルがあって輸入出来ないと言われてしまいました。

このままというわけにはいかないので、
取引先や知り合いをあたってかわりに輸入してくれるところを探しましたが、
全滅!

最後の手段ということで、
イギリスの製造元にメールを書きました。
もちろん、グーグル翻訳様のお世話になりました。
今回はさらに夏休みで帰ってきている娘にも添削してもらいました。

ホントに高校の時に真面目に英語の勉強をしておけば良かった。
受験が終われば英語なんて使わないと思っていたのに、
外人さんに英語のメールを送る機会があるなんて。
以前、中国から樽を輸入しようとして商談していた時は、突然英語の電話がかかってきてパニックだったなぁ。

それでも、イギリスにメールを送った結果、
日本の代理店を紹介してもらえたので、
危機は乗り越えられたのかも?

少なくとも、これからの商談は日本語でできるので、頑張ればなんとかなりそうです。

やっぱり『製造』は、
仕入れたものを売る『小売』と違って、
いろいろ深いなぁ〜!

■ちなみにこのブログを書こうと思ったのは、
私同様に原料輸入で困っているクラフトビールのブルワリーさんと情報共有したいと思ったから。
麦芽関係の原料、特にイギリスのMuntons plc.[マントン社だと思います]から輸入したいと思った方は、
下記のシーバックス社に連絡を取ってみて下さい。
Muntons社の日本の代理店だそうです。

■シーバックス社 [何故かホームページは英語の表記ですが、住所も日本ですし、eメールも電話も日本語です]
http://www.seabacks.com/

英語のホームページだから、いくら検索しても見つからなかったのかなあ?

 

Posted from わしの屋酒店店長

この記事を書いた人

わしの屋店長
わしの屋酒店の店長の山田です。
わしの屋酒店の雑用全部と四万温泉エールファクトリーで地ビール(?)をつくってます。
このサイトの更新は自分でやっているので、ちょっと素人くさいですが大目に見て下さい。日々、四万温泉にお客様が来ればわしの屋酒店も儲かると思って奮闘中です。