東京・新橋・チャーハン王

テレビで紹介されていた「チャーハン王」さん。やっと来ることができました。
2人ほど店前で待っているだけでしたので、さほど待たずに入店です。

食事のメニューは選択肢が一つしか無いからもちろん「チャー王セット980円」をオーダーしました。
メニューが一品しか無いのは自信の表れ、期待が高まります。

待っている間ずっと奥の厨房で中華鍋を振ってチャーハンを炒めている音が聞こえてきます。

食べログのこのお店の口コミチェックしているとチャーハンとスープが届きました。
うーん、見た目は超普通。
こんもりしたチャーハンにアサツキがひとつまみのっています。具は卵とかまぼこかな?
見た目だけなら冷蔵庫の残り物で作った家庭のチャーハン。
これをこだわりのチャーハンとして売っているのだから、味は格別なはず。
期待がいやが上にも高まったところで、チャーハンを口に運びます。

堅めの米の食感が印象に残る。
でも他は別に特別感が無い。
味、特徴が無い。
具、特徴が無い。いや、かまぼこしか無いから安っちい。少しは肉を感じさせてくれと思う。
食感、かたい。

あれ、いいとこ一つも無いよ。
これが300円ならまた来たい。500円なら文句を言うほどでは無い。
これが東京の物価というものなのかなあ?

これでも、お客は入っているし口コミは悪くないんだから、私の舌がおかしいのかも。

スープとあわせて、タレをかけて、ラー油をかけてと言う食べ方の提案はおもしろいがそれ以前に一番の売りが平々凡々のチャーハンかよ。

コストを徹底的に削減しながら、こだわりのチャーハンとうたって販売価格を高めに設定し、利益率を極大化する。
経営としてはお上手なのかもしれませんが、顧客満足度が低いですね。
その不満をこだわりのチャーハンとうたうことによってチャーハンの品質が高いように見せ、食べた人が物足りなく感じるのをそれはあなたが間違っている思わせるミスリードをねらっているのかなあ。

まあ、これが本当に500円でこのセットを出していたら全然問題ないのに。
多分に具にチャーシュー等の肉を感じさせるものが無く、安っちいのが問題かも。
とにかく、コストパフォーマンスが悪すぎるメニューでした。

関連ランキング:中華料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

この記事を書いた人

わしの屋店長
わしの屋酒店の店長の山田です。
わしの屋酒店の雑用全部と四万温泉エールファクトリーで地ビール(?)をつくってます。
このサイトの更新は自分でやっているので、ちょっと素人くさいですが大目に見て下さい。日々、四万温泉にお客様が来ればわしの屋酒店も儲かると思って奮闘中です。