俺のイタリアン冷菜

平成28年1月30日、初めて俺のイタリアンTOKYOに行って来ました。

東京の方に行く用事があったので、向こうにいる息子と食事をして来ました。

予約が取れなかったので、17時から並んだのですが、30分程で入れたので、まあまあでしょうか?

私はメインの料理をつまみにワインが飲めればいいかと思っていたのですが、
息子は最初に冷菜だ、温菜だ、とうるさく言われたのですが、まあ、楽しい食事が出来ました。

どの料理も美味しかったですが、
よく考えたら話題のお店で食事をするなんて初めてだったので、よくわからないというのが本当の感想ですね。

このお店のすごさをわかったのは帰って来てからレシートを見てからでした。
銀座であれだけ飲み食いして1万円ちょっと。

この後、有楽町のガード下の焼き鳥屋さんで焼き鳥5本とキャベツ、それに2〜3杯飲んだだけで、4千円払ったのだからコストパフォーマンスは最高ですね。

なんでわざわざ、俺のイタリアンの後に焼き鳥屋さんに行ったのか、
それは、父ちゃんにはガード下の焼き鳥の方が似合ってるよね〜と息子に言われたから。

よくわかってるね〜〜(^O^)

Posted from わしの屋酒店店長

この記事を書いた人

わしの屋店長
わしの屋酒店の店長の山田です。
わしの屋酒店の雑用全部と四万温泉エールファクトリーで地ビール(?)をつくってます。
このサイトの更新は自分でやっているので、ちょっと素人くさいですが大目に見て下さい。日々、四万温泉にお客様が来ればわしの屋酒店も儲かると思って奮闘中です。