群馬プレミアム宿泊券が販売された。
実質、群馬県内のどの宿泊施設でも半額で泊まれるということで、大盛況のようだ。

その中で、販売時の混乱や転売問題が取り沙汰されている。

しかし、それよりもっと大きな問題がある。

効果が本当にあるのか?ということです。

この券を一番買いたいと思うのは誰か?

それは、群馬県に旅行をしようと予定している人に違いない!

だとすると、宿泊する予定だった人がお得に泊まれるだけで、
経済効果は無い可能性がありますね。

やっぱりもっと考えるべきだったと思います。
例えば、
・平日宿泊限定
・連泊限定
・群馬県民限定
・北海道や九州の遠隔地在住者限定 等

元々の需要がないあるいは少ないものに販売すれば、効果が高かったはずです。

でも、そうすると売れ残ったりするかもしれないので、
企画が失敗だったと非難される可能性があるんでしょうね。

10億円の予算を使い切って、実質経済効果が無いより、
3億円しか予算を消化しなかったけど、6億円分の宿泊需要が増える方が意味がある気がします。

失敗しないように事業を始めて大きく育てる民間の考え方と違って、
予算を使うこと自体が評価されるお役所・政治家がやることは.............

とりあえず、私の考えが正しいかどうか、
旅館をやっている友人に聞いてみよう。

楽天などの予約で、
もともとの予約がキャンセルされて宿泊券使用のプランに切り替えられたりしなかったか?

Posted from わしの屋酒店店長

この記事を書いた人

わしの屋店長
わしの屋酒店の店長の山田です。
わしの屋酒店の雑用全部と四万温泉エールファクトリーで地ビール(?)をつくってます。
このサイトの更新は自分でやっているので、ちょっと素人くさいですが大目に見て下さい。日々、四万温泉にお客様が来ればわしの屋酒店も儲かると思って奮闘中です。