数日前にテレビのニュースで
「自民党の酒の安売り規制」について批判的な報道をしていました。

私は酒屋の立場として「安売り規制は大変ありがたい」と思っていますが、
マスコミが与党の政策を批判するのは良いことだと思います。

ただ、その内容に『?』という気がしています。

テレビ朝日 モーニングバード

ディスカウントストアと町の酒屋さんの双方が規制対して賛成していないという
インタビューを紹介していましたが、
いかにもテレビ局側の意図に沿うように”切り取った”内容に見えました。

ディスカウトストアが反対するのは当然です。
でも、一般の酒屋さんは賛成なはずです。
その部分はカットして、「遅すぎるよね」という部分だけ放送していました。

テレビのワイドショーのいやなところです。
正確な内容よりもおもしろくみたいな。
それなら、ワイドショーでは無くてバラエティ番組でやって下さい。

ちなみに新聞の記事にも『?』な処はある

日経新聞

こんな事が書いてある。

「大型店にない個性的な品ぞろえや独自のサービスなど、創意工夫で付加価値を高めるのが本来の姿だ。」

確かにおっしゃるとおりだ。
でも、どんな努力も価格にはかなわないし、
安売りの中心のビール類とチューハイ等で売上げの半分以上になる。
その商品を自分の店の仕入れよりも安い価格で売られていて勝負になるのか?

日経新聞さんなら、
朝日新聞が購読料を半額で売ったらどう思いますか?
日経は経済に特色が有るから何も問題ありませんと言ってられますか?

新聞でもテレビでも同じように言っているのは「消費者利益を損ねる」です。

消費者利益を損ねて、一部の業界関係者を護っちゃダメですよね。
私も他の業界ならそう思います。
でも、酒の業界はちょっとくらい特別扱いしても良いんじゃ無い!と思います。

それは、酒税の為です。
缶ビール350ml 1本当たり77円が酒税です。
さらにこの酒税にも消費税がかかるんです。

つまり、酒業界ははじめから、酒税という重しをのせられているんです。
税金で販売の邪魔をされているんです。
その分少しくらい助けてもらっても良いはずです。
昔から酒税を集める手伝いをしてきてあげたのに、規制緩和とか言って意地悪されてばかりです。

報道では、野菜や魚などにこんな安売り規制など無いなんて馬鹿なことを言っていましたが、
何馬鹿にこと言ってるんだという感じです。
大根税があるのか?さんま税があるのか?と言いたいです。
しかも、農家にはジャブジャブ補助金が使われてきたじゃ無いか。

TPP反対なんてほざいてるけど、
今まで補助金で甘やかされてきてヌクヌクやってきた報いじゃ無いか。
その時に、戦える努力をして来れば良かったんです。

おっと、それは規制緩和前の酒屋業界にもいえるか?

地域性に護られている当店がいえたことでは無いんですが。
でも、苦労していないわけでは無いですよ。
地域にお世話になっているから、自分の仕事を犠牲にしても地域の為に貢献しているし。
一年中休みなんかなく働いているし、
問屋さんへの支払いのために自分の給料を差し出すことなんて当然なことだし、
何でこんな商売やってんだろ。

こんな状況なら、個人商店がどんどん無くなって、
サラリーマンや公務員が増えるのは当然です。

商売がやっていけなくて商売をやめる。
そういう人も多いと思いますが、この苦労を息子にさせたくないと言ってやめることも有ると思います。

でも、こんなブログ記事を1時間もかけて書いていられるんだから、
結構良い商売なのかもしれませんね。

いやいや、最後に自分の意見を書こうと思っていたら、
熱くなって忘れちゃいました。

意見というか希望なんですけど、
酒税が大量にかかっている酒類は『再販』品にしてほしいです。
つまり、タバコや本などと同じように定価販売を義務づけてしまうんです。
その為に、利益を半分にされてもかまいません。

今後は、価格競争では無くて、それ以外の付加価値で競争するんです。

自分ではどうにも出来ない価格で負けてしまうのは悔しいです。
逆に、価格は同じでサービスや努力で負けるのならあきらめがつきます。
というか、あきらめずにがんばれます。

お酒を安売りしてもらえると個人的にはうれしいんだと思います。
でも、その分の利益が失われると言うことは、その金額分の生活費を奪うと言うことです。
ビールの全売上高の2割分の生活費が失われるとしたらどうでしょう?
何人の人が職を奪われるのでしょうか?

多分、これがデフレという物です。
そして、これが規制緩和の目指す物です。

新しい価値を生み出すのでは無くて、今まで有った価値を奪って(票の為に)バラまく。

ほんとに政治は嫌いです。
というか自民党は嫌いです。

この記事を書いた人

わしの屋店長
わしの屋酒店の店長の山田です。
わしの屋酒店の雑用全部と四万温泉エールファクトリーで地ビール(?)をつくってます。
このサイトの更新は自分でやっているので、ちょっと素人くさいですが大目に見て下さい。日々、四万温泉にお客様が来ればわしの屋酒店も儲かると思って奮闘中です。