上毛新聞WindowsXPの更新

本日の気になった新聞記事は上毛新聞のWindowsXPの更新問題。

内容はまじめに、WindowsXPのサポート終了に伴いWindows7にバージョンアップしなければならないが、
多額の費用がかかるため自治体や企業が苦慮しているというまじめな記事でした。

ただ、私が気になったのは安中市教育委員会のお話。

なんと、パソコン1台入れ替えるのに15~25万円もかかるそうです。

きっと何もかも最新型で高スペックな部品を選んで、
最新型のゲームでもヌルヌル動くというようなパソコンなんだろうなあ?

冗談はさておき、きっと自治体だから高いというような事情もあるんでしょうね。
もう10年以上前の話ですが、我が町の小学校に新しいパソコンが入ったというので値段を聞いたらびっくり。

私だったらその値段で3台買ってお釣りが来ますよ、という値段でした。

それもそのはず、そのころからパソコンは大手量販店やWEB直販店で買うのが普通だったのに、
地元業者と言うことで町内の業者からしか見積もりをとらなかったらしい。
それも、普段はパソコン売ってないでしょというトコばかり。

確かに自治体が地元業者を使うというのは当然だと思うし、ありがたいことです。
でも、そのせいで税金が無駄に使われるというのも問題だろうと思います。

それならどうすれば良いかというと、ちょっと見方を変えるといいかもしれません。

情報公開をするんです。

・中之条町はパソコンを25万円でわしの屋企画(株)から100台購入しました(する予定です)
・中之条町は町道の舗装工事をわしの屋建設に10万円/メートルで100メートル発注しました(する予定です)
※パソコンはともかく舗装の相場は全く分かりません。逆にその相場を一般人が知るだけでもメリットと言えるかもしれません。

しかも個々の情報について掲示板方式で意見を書き込めるようにするんです。
無記名でOK。その代わりIPを特定する事が出来ますみたいに書いておけばいいのでは。

そうすれば、役場の担当者の知らない情報も入ってくるかもしれないし、批判もあって当然だと思います。

それに対してどう反応するかだけ決めておけばいいと思います。
返信は実名で意見したモノにしかしないとか。

結構おもしろいと思うんですけど。
これ公約に選挙に出たら勝てるかな~~。

 

 

 

絶対出ないけど。

この記事を書いた人

わしの屋店長
わしの屋酒店の店長の山田です。
わしの屋酒店の雑用全部と四万温泉エールファクトリーで地ビール(?)をつくってます。
このサイトの更新は自分でやっているので、ちょっと素人くさいですが大目に見て下さい。日々、四万温泉にお客様が来ればわしの屋酒店も儲かると思って奮闘中です。